online casino no deposit bonus oddstake.com best online casino promotions and bonuses

東京工芸大学情報処理教育研究センター利用規程

(目  的)
 第1条 この規程は、東京工芸大学情報処理教育研究センター(以下「センター」という。)規程第9条に規定する
         センターの利用について必要な事項を定める。

(センター利用の範囲)
 第2条 センターの利用は、次の各号の一に該当する場合に限るものとする。

  • (1)東京工芸大学(以下「本学」という。)における学科目の授業の実施を行うための利用
  • (2)本学学生の予習及び復習のための利用
  • (3)その他情報処理教育研究センター長(以下「センター長」という。)が適当と認めた利用

(授業での利用)
 第3条 本学におけるセンター利用授業の実施は,センター長がセンター利用部会等で協議し,年間の利用実施
         計画を定めるものとする。

(利用資格)
 第4条 センターを利用できる者は、次の各号の一に該当する者とする。

  • (1)本学の教職員
  • (2)本学の学部学生,大学院生,研究生及び別科学生
  • (3)その他センター長が適当と認めた者

(利用の申請、承認及び期間)
 第5条 センターを利用しようとするときは,所定の手続きに基づき申請を行い,センター長に利用の承認を受けな
         ければならない。

  • 2 センター長は,申請によりその利用を適当と認めた者にユーザ名及びパスワード(以下「アカウント」という。)を付与し,その利用を承認するものとする。
  • 3 利用承認を受けた者がセンターを利用できる期間は、在職又は在学の期間とする。
  • 4 前条第1号の者で退職後も引続き利用を希望する者は、退職時に利用延長の申請をセンター長に提出し、その承認を受けなければならない。

(不正行為)
 第6条 センター長は、利用者が次の各号の一に該当する行為を行なった場合は、利用の承認を取消し又は一
         定期間停止することができる。また、特に悪質と判断したときは、懲戒処分の対象として報告することがで
         きる。

  • (1)本規程又はセンター長の指示に反する行為
  • (2)アカウントの譲渡又は貸与行為
  • (3)他者のアカウントの不正利用行為
  • (4)システムに障害を与える行為
  • (5)営利を目的とする利用行為
  • (6)他者の情報の安全又は秘密保持を損なう行為

(開室日)
 第7条 センターは,次の各号に掲げる日を除き,開室する。

  • (1)日曜日
  • (2)国民の祝日に関する法律に規定された休日であって,授業を行わない日
  • (3)創立記念日(10月5日)又はその日の振替休日
  • (4)本学学則に定める夏季休業日及び冬季休業日のうち一定期間
  • (5)管理運営上の理由により臨時に休館とする必要がある日
  • (6)交通機関の運行停止又は不測の事態発生等により正常な運営及び利用が困難なため,臨時に休館とする必要がある日
  • 2 センター長は,教育研究上必要があると認めるときは,臨時の開室日を定めることができる。

(利用時間)
 第8条 センターの利用時間は,次の各号に掲げるとおりとする。

  • (1)授業日
  •    月曜日から金曜日まで:9時20分から20時まで
  •    土曜日:9時20分から16時まで
  • (2)本学学則に定める夏季休業日及び冬季休業日
  •    月曜日から金曜日まで:9時20分から16時まで
  • (3)後期試験終了日翌日から次年度授業開始日前日まで
  •    月曜日から土曜日まで:9時20分から16時まで
  • 2 前項に定めるもののほか,センター長は,教育研究上必要があると認めるときは,利用時間を変更することができる。

(改  廃)
 第9条 この規程の改廃は、大学協議会の議を経て学長が行う。

  • 附 則
     この規程は、平成2年10月1日から施行する。

  • (中略)

  • 附 則
     この規程は、平成25年4月1日から施行する。
ページ一覧