Thunderbird スパムメール振り分け設定

迷惑メールと判断されたメールの件名には「【スパム】」の文字が挿入されます。
「【スパム】」と挿入されたメールを振り分けるには、以下の手順に従い設定を行なってください。

以下は Windows XP 、および Thunderbird 3.1 の設定例です。バージョンによって異なりますので、適宜読み替えてください。

1.振り分け後のフォルダの作成

step1
step1

Thunderbird を起動します。
[ファイル]メニューの[新規作成]-[フォルダ]をクリックし、[新しいフォルダ]ウィンドウを表示します。

  1. [名前]に「迷惑メール」を入力
    ※ここでは、フォルダ名を「迷惑メール」として作成します。
  2. [作成先]の[ローカルフォルダ]を選択
  3. [フォルダを作成]をクリック

以上で振り分け後のフォルダの作成は終了です。

2.メッセージフィルタの設定

step1
step1

[ツール]メニューの[メッセージフィルタ]を選択します。
[メッセージフィルタ]ウィンドウが表示されます。

  1. [対象アカウント]の[ローカルフォルダ]を選択
  2. [新規]をクリック
step2
step2

[フィルタの設定]ウィンドウが表示されます。

  1. [フィルタ名]に「迷惑メール」と入力
    ※ここでは、フィルタ名を「迷惑メール」として作成します。
  2. [フィルタを適用するタイミング]の[メールチェック時と手動実行]を選択
  3. [すべての条件に一致]をチェック
  4. 条件欄の[件名][が次で始まる]を選択、「【スパム】」と入力
  5. [以下の動作を実行する]の[メッセージを移動する][ローカルフォルダの迷惑メールフォルダ]を選択
  6. [OK]をクリック
step3
step3

[メッセージフィルタ]ウィンドウに戻ります。

  1. [フィルタ名]に[迷惑メール]が表示されたことを確認
  2. [有効]にチェックが入っていることを確認

以上でメッセージフィルタの設定は終了です。
既にいくつかのフィルタの設定している場合は、事項を参照してください。

3.フィルタの優先度の設定

前項で作成した[迷惑メール]フィルタは、[メッセージフィルタ]ウィンドウに表示されます。優先度によっては、今回作成したルールの処理を行う際に、別のルールにも該当し、振り分けがうまく行われない場合があります。確実に[迷惑メール]フィルタを実行するためには、優先度を最上位にする必要があります。

step1
step1

[ツール]メニューの[メッセージフィルタ]を選択します。
[メッセージフィルタ]ウィンドウが表示されます。

  1. [対象アカウント]の[ローカルフォルダ]を選択
  2. 作成した[迷惑メール]を選択
  3. [上に移動]をクリックし
  4. [迷惑メール]を一覧の一番上まで移動
step2
step2

以上でフィルタの優先度の設定は終了です。

4.作成したフィルタの確認

既に受信したメールを利用して、作成したフィルタの確認ができます。
受信トレイに、件名が「【スパム】」で始まるメールがある場合、新たに作成した[迷惑メール]フィルタにより、[迷惑メール]フォルダへ振り分けることができるか確認します。

step1
step1

[ツール]メニューの[メッセージフィルタ]を選択します。
[メッセージフィルタ]ウィンドウが表示されます。

  1. [対象アカウント]の[ローカルフォルダ]を選択
  2. [有効]にチェックが入っていることを確認
  3. [フィルタを使用するフォルダ]の[受信トレイ]を選択
  4. [今すぐ実行]をクリック

[迷惑メール]フィルタにより、件名が「【スパム】」で始まるメールが[受信トレイ]フォルダから[迷惑メール]フォルダへと振り分けられます。

以上で作成したルールの確認は終了です。

◆ 注意 ◆
迷惑メールでなくても、件名に「【スパム】」の文字が挿入され、「迷惑メール」フォルダに振り分けられる場合があります。ご注意ください。